女性ホルモンの分泌のしくみ

女性ホルモンの代表格のエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)は、どちらもひと月の間に一定の周期で卵巣から分泌されています。

エストロゲンは、卵巣で卵が成熟し、排卵の準備をしているときに分泌されます。

脳から卵が詰まった卵巣に「卵を育てるように」という指令が届くと、卵巣の中で眠っていた卵のいくつかが育ち始め、細胞ができてエストロゲンが分泌されるのです。

プロゲステロンは、排卵後に卵巣にできる「黄体」という黄色いかたまりから分泌されます。

脳の視床下部と脳下垂体というところで、女性ホルモンの分泌量を調節しています。

とくに視床下部には、血流、血圧、心拍、皮膚、発汗、体温などにかかわる自律神経をコントロールする働きもあるため、ホルモンバランスが動くと、その影響を受けて自律神経のバランスも乱れやすくなります。



女性ホルモン分泌量

エストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンは、思春期に分泌が始まり、分泌されなくなると閉経までの間の分泌量は、一生分を集めてもティースプーン1杯分程度の微量です。

そんな貴重な女性ホルモンを、生活習慣やストレスなどによって簡単に減少させてしまうことは、とてももったいないこと。

女性ホルモンが減少すれば、ガクッと老けて、病気にもかかりやすくなってしまうのです。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.happyluckyus.com/tb.cgi/2

C O M M E N T
Unlimi...

EdmondHop    [2017/5/30(火) 19:31] [削除]
And ju...

EdmondHop    [2017/6/1(木) 03:53] [削除]
В д...

LenaDrutt    [2017/11/11(土) 18:06] [削除]
В р...

IvanFlove    [2017/11/12(日) 04:31] [削除]


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  10


  プレビュー